HOME » お役立ち情報 » 既存のPMS文書が実態と離れてきたときは?

お役立ち情報

<< お役立ち情報一覧へ戻る

既存のPMS文書が実態と離れてきたときは?2017.10.25

先日、Pマーク更新の新規のお客様から、既存のPMS文書管理が大変で、もっと簡単にしたいという
ご相談がありました。PMS文書を作成した当時と今では業務内容が変わっていて、社内ルールを変更
して様式を使用することが無くなっていたそうです。

こういったご相談は多く、お困りごとの?あるある?だと思います。社内の動きに合わせてPMS文書も
変えていくのが、理想的ではあります。しかし、実態としては日常の業務で手一杯になってしまい
管理や見直しが追いつかなくなる、というのが現状のようです。

Pマーク制度はお客様が個人情報を適切に管理している証明と同時に、漏えい等を防ぐための
マネジメントシステムですから、実態から離れて活用されていないのではもったいない話です。

弊社コンサルタントはお客様のお困りの声に耳を傾け、実態に合わせた適切なアドバイスを致します。
どうぞお気軽にお問合せ下さい。(T)

<< お役立ち情報一覧へ戻る

Pマーク・ISO認証取得に関する相談窓口 0120-641-999