HOME » ビジネスセキュリティ出張セミナー

ビジネスセキュリティ出張セミナー

ビジネスセキュリティ出張セミナー

プライバシーマークやISO27001(ISMS)の取得までは考えていないが、セキュリティ対策の準備を始めたい。
取得を検討しているものの、事前に何を知っておくべきか分からない。従業員や職員、組合員に対してセキュリティに対する意識を向上させたいが、何をどう周知させたら良いのか考えあぐねている。
そもそも情報セキュリティとは。

そんなお悩みを抱えている事業者様や公共団体様、団体の会員様向けに、基礎講座として、4つの出張セミナーをご用意しました。弊社コンサルタントがご説明に上がります。

ビジネスセキュリティ出張セミナー ①今日から始めるセキュリティ ~物理セキュリティの第一歩~

会場
事業者様で手配をお願いします。
※弊社セミナールームの利用も
ご相談ください。
時間 2時間
受講料 ¥80,000~
※20名まで。20名を超える場合は、別途お問い合わせください。
講義内容

ITが苦手な方でもわかりやすい、目に見える「物」のセキュリティをご紹介します。

  1. 物理セキュリティとは
  2. 入退室管理
  3. ゾーニングの考え方
  4. 紙文書の管理など

事務所にある、「物」を守ることを中心とした物理的セキュリティ対策の初歩的な取り組み方法を解説します。

備考

中小企業におけるセキュリティ対策の必要性は感じているが、何から取り組んだらよいかわからない方向けの講座です。すぐに取り組みが始められる初歩的な内容を中心に解説します。特に、下記のような方に最適なコースとなっております。

  • 何からオフィスのセキュリティに取り組んだらよいか知りたい
  • すぐに始められるオフィスのセキュリティ対策方法が知りたい
  • ITの分野が苦手
  • 紙文書の取り扱いが多く、オフィス内に物が溢れている
ページトップへ

ビジネスセキュリティ出張セミナー ②物理セキュリティの基礎 ~物理的安全管理措置~

会場
事業者様で手配をお願いします。
※弊社セミナールームの利用も
ご相談ください。
時間 2時間
受講料 ¥80,000~
※20名まで。20名を超える場合は、別途お問い合わせください。
講義内容
  1. 物理的安全管理措置概要
  2. 物理的安全管理措置の具体例
  3. 物理的安全管理措置に該当する事故事例
  4. プライバシーマークの審査経験を踏まえた実例の紹介
備考

オフィスにおける、紙文書を始めとした情報の盗難を防ぎ、情報資産を守るための対策として「個人情報の保護に関する法律についての経済産業分野を対象とするガイドライン」に定められた手法と事故事例を挙げて解説します。

「何をどこまでやったらよいか」具体的対策例もご紹介します。特に、下記のような方に最適なコースとなっております。

  • 「今日から始めるセキュリティ ~物理セキュリティの第一歩~」を受講して次のステップへ進みたい
  • 独学で基礎的なセキュリティに取り組んでいる
  • ガイドライン等の体系的な考え方を知りたい
  • プライバシーマーク取得に興味を持っている
ページトップへ

ビジネスセキュリティ出張セミナー ③今日から始めるセキュリティ ~情報セキュリティの第一歩~

会場
事業者様で手配をお願いします。
※弊社セミナールームの利用も
ご相談ください。
時間 2時間
受講料 ¥100,000~
※20名まで。20名を超える場合は、別途お問い合わせください。
講義内容

情報システムで管理している、電子機器・媒体で取り扱う「電子情報」のセキュリティをご紹介します。

  1. 情報セキュリティとは
  2. PCのセキュリティ対策
  3. ウィルス対策
  4. メールの送受信における重要なポイント
  5. 携帯電話の取り扱い

情報システムで取り扱う情報資産を守るために必要不可欠かつ、初歩的な対策に的を絞って解説します。

備考

企業における情報セキュリティ対策の必要性は感じているが、何から取り組んだらよいかわからない方向けの講座です。すぐに取り組みが始められる初歩的な内容を中心に解説します。特に、下記のような方に最適なコースとなっております。

  • ウィルス対策ソフトが入っていないPCがある。
  • ウィルス対策ソフトは導入しているが、他にはほとんど対策をしていない
  • すぐに始められるオフィスの情報セキュリティ対策を知りたい
  • ITの分野があまり得意ではない
ページトップへ

ビジネスセキュリティ出張セミナー ④情報セキュリティの基礎 ~技術的安全管理措置~

会場
事業者様で手配をお願いします。
※弊社セミナールームの利用も
ご相談ください。
時間 2時間
受講料 ¥100,000~
※20名まで。20名を超える場合は、別途お問い合わせください。
講義内容
  1. 技術的安全管理措置概要
  2. 技術的安全管理措置の具体例
  3. 技術的安全管理措置に該当する事故事例
  4. プライバシーマークの審査経験を踏まえた実例の紹介
備考

機密情報の漏洩を始めとした事故を防ぐために、情報システムにおける情報資産を守るための対策として「個人情報の保護に関する法律についての経済産業分野を対象とするガイドライン」に定められた手法と事故事例を挙げて解説します。特に、下記のような方に最適なコースとなっております。

  • 「今日から始めるセキュリティ ~情報セキュリティの第一歩~」を
    受講して次のステップへ進みたい
  • 独学で基礎的な情報セキュリティ対策に取り組んでいる
  • ガイドライン等の体系的な考え方を知りたい
  • プライバシーマーク取得に興味を持っている
ページトップへ
ご相談はこちらへ